honkytonk500’s diary

若造の社会人が新たな趣味としてやっているブログです。

【レビュー】『「限りなく少なく」豊かに生きる/ドミニック・ローホー

こんにちは。自宅安静で本を読む機会が自然に増えているhonkyです。

 

今回は、こちらの作品です。

f:id:honkytonk500:20170815213829j:plain

 

こちらの著作は、筆者が体験的に掴んだ幸せになるための実践方法、考え方を伝えるという目的のモノになります。

内容的には、一般的なミニマリスト本にある、「モノの処分」だけではなく、「時間の使い方」「人間関係」等、多岐にわたる内容で書かれている。

 

 

私がこの作品を読み終えて取り入れている事は、2点あります。

 

  1. 1日持ち歩いたバッグは中身は完全に空にする。
  2. まったく何もしない時間を確保する

 

 

⑴1日持ち歩いたバッグは中身は完全に空にする。

 

今日使ったバッグの中身を全部1度テーブルなどに出します。

その日にもよりますが、殴り書きのメモや、街頭で配られていた試供品等が出てきてしまう日もあるかと思います。

その中でも必ず毎日使うモノはまた鞄に戻せば良いですが、上記の試供品やメモ等の不要物はすぐに捨てましょう。

この単純な作業を行うだけで、毎日使う鞄の中に無駄なモノはなくなり、荷物は軽く、把握もしやすくなります。

最初は面倒かと思うかもしれませんが、実際にやってみると1〜3分程度で終わる簡単な作業なので、サッサとやるのおすすめします。

 

 

⑵まったく何もしない時間を確保する

 

作者は休日の午前11時までにやらないといけない仕事(掃除、買い出しなども含む)を全て終わらせ、改めて布団に入り、翌日まで何もしなくて良い幸福感に浸かって下さい。と紹介しています。

実際完全に同じ様な時間の使い方は出来ませんが、本日のto doを完了した後には、気兼ねなく、昼寝を行なったり、楽な体勢で何も考え無い時間を意識的に今は作っています。

今は、体調不良のせいで、何かとマイナス思考に陥ってしまいがちですが、この「何もしない時間」が少しでも自分の体調にプラスになればと思い、取り入れています。

 

まだ始めて、5日間なので、実感は湧きませんが笑

 

感想

おすすめ度 ☆☆☆

この作品は大きく10章仕立てで組まれていますが、私が取り入れている2点に関しては、1章の内容のモノです。

その他にも、自分の知識の財産になったモノは多いのですが、実践にまで行動を移そうと思った内容は今段階では1賞のみ。

「タメになるな〜」と素直に感じたのは4章までに多く、残りの5〜10章に関しては、少し、度が過ぎているモノも含まれており、共感出来ない内容が多くありました。

 

しかし、全体が10章に分かれており、各項目も1〜2ページで完結に書かれているので、読みやすい構成でした。

 

honkytonk500.hatenablog.com

 こちらの作品でも行き過ぎた内容があるという形を含ませていますが、今回も同じ様に正直「そこまで出来ない」と感じる内容が特に後半にありますので、今回はこの評価になります。

総ページ数も188ページと短いので、何か気軽に読めるモノをお探しの方は、読んでみたらどうでしょうか?

 

「限りなく少なく」豊かに生きる

「限りなく少なく」豊かに生きる