honkytonk500’s diary

若造の社会人が新たな趣味としてやっているブログです。

新生活に向けて自分のモノを見直す為に『トランクひとつのモノで暮らす』/エリサ

こんにちは。本日で今年も4月となり、新生活を始める人。気分を一新したい人等、多くの方にとって、「きっかけ」になりやすい時期です。

そんな中、この「きっかけ」を元に私は去年から考えていた「ミニマリスト」「シンプルリスト」の一歩を踏もうと思います!

f:id:honkytonk500:20170401235332p:plain

 

その第一歩の後押しをしてくれた新しい本がタイトルにも記載している『トランクひとつのモノで暮らす』です。

 

筆者の実体験を元にシンプルにミニマムになる為の、手段やルールがわかりやすくまとめられています。

 

f:id:honkytonk500:20170401235410j:plain

 

モノを減らす10の質問

今回、私がモノの選定を行う際に参考にしたのが、まさにこの項目です。

その中でも、特に基準となった項目を列挙していきます。

 

1.1年以内に使いましたか?

これは、よくミニマリスト関連本に書かれている事ですね。この1年で使っていないのであれば、この先も使う可能性は低い、という事です。

代表例としては、まずは衣類です。ファッションに興味を持っている方だと、どうしても流行のアイテムを用意し、流行が過ぎ去ったアイテムは、使用頻度がどんどん少なくなっていくという、ありがちな流れに陥ると思います。

そんなアイテムはこの基準を使って、思い切って処分してしまいましょう。

ただ自分の所有物を全部「1年」という期限に括る必要は無いと思いますので、そこは、自分の采配でいいと思いますが、節度があるので長くても「3年」これが限界だと思います。

 

2.同じ用途の中でナンバーワンだと思えますか?

これは、「不満点があるのに、捨てられずにいる物」だと考えてください。自分の場合は、財布でした。私は、一時期財布に興味があり、デザインやブランドによって気に入った物を購入する(今思い返すと謎ですが。。。)という時期があり、財布が6個所持しており、どの財布も連続して使用期間は半年も経っていないので、状態は悪く無い物ばかりでした。しかし、現状はプライベート用の財布と仕事用の財布で充分なので、カードの保管場所が気に入らない財布等は家族に譲りました。

この様に、皆さんの中にも用途が重複してしまっている物があると思いますので、それも選定の対象にするのは、値段に囚われずに考えられる理由にもなりましたので、とても参考になりました。

 

「暮らしをシンプルにする20の方法」を参考にオリジナルルールを作っていきたい!

作者は、この著書に自らの「20の方法」を掲載しており、「限られたエネルギーをムダなく生かす方法」としております。

1例として、「手持ちの服のリストを作る」とあり、自分の現状を把握する為に活用しているとの事でした。

私は、まだ作者さん程、モノの選定が完了していませんので、仮ではありますが、

いくつかルールを作成しました。(20個もありません笑)

 

1.プライベートの服の理想から離れたアイテムは購入しない。

社会人になり、私服を着る機会も減少しており、その数少ない機会をムダにしない為にも自分のお気に入りの服で生活する為にも、流行に流されない買い物を心がけていきます。

 

2.今持っているアイテムと同一用途の物は、確固たる理由が無ければ、購入しない又は思案する。

よくあるパターンは、セールの商品があり、勢いで購入してしまう、という事。私はこれがよくあり、家に帰るともう飽きてしまう事もあります。これはムダな出費になりますし、処分するのもムダな労力を使うので、ルールを作成。

 

3.自分にとって定番のモノを探す。

例えば、ずっと使い続けている化粧水など、知らず知らずの内にリピートしているモノはあると思います。これらが増えていけば、ルール2を破らずに済みますし、リピートしている=自分にとってナンバーワン!という事にもなります。

 

【レビュー・評価】

おすすめ度 ☆☆☆☆☆

 

この本は、全体の半分近くは質問形式になっており、これがまた自分の生活を見直すのに大変良い質問になっていて、モチベーションも上がるので、新しく始めようと思っている人や、少し手詰まり感がある人にもオススメです。

 

トランクひとつのモノで暮らす

トランクひとつのモノで暮らす